【筧五郎が東三河と繋がる。走る。体感する。♯31】

本年度【OUT DOOR Sports Life 東三河】という事業に関わらせてもらう中で「自転車を通じ、東三河の魅力やそこでの暮らしを発信する」という役割をもらい、特にこの先11月、12月を中心にその暮らし、そのスポーツを通じそこに暮す人たちと繋がり、体感しながらその魅力を発信していくので是非今日は「東三河を体感するシリーズか」と楽しんで読んでみてください。今日はその第31話

https://www.loisir-toyohashi.com/

宿泊した宿は 豊橋市のロワジールホテル

このホテル 何が良いって 朝食が美味しすぎる事と エスプレッソがあり それを持ち帰られるようにコップが設置してる事だ

ヒルクライムには食べ過ぎは良くはない 身体が重たくなるからだ

食べ過ぎなければよいのでは?と思うだろけれど 辛抱出来ないから太るのだ。

だが 今日は少しでも身体を軽くして ヒルクライムに挑みたい

なので 持参してきたミューズリーに豆乳と蜂蜜を掛けて済ましたのだ。

そして エスプレッソだけを頂いて ホテルを後にした。

向かう先は三河湾スカイライン

駐車場は竹島水族館駐車場に置いた ここはトイレも完備されている。

三河湾スカイライン 起点となる位置はここだ

グーグルマップで見れば愛知県のこの辺り

もう少し細かく見れば

さらにこまかく見れば

ここがスタート地点

コースは全長5.3キロ

平均勾配6.9%

高低差 367m

2キロ過ぎに 下りがある

地元ライダーに このコースの事を聞くと 勾配が一定ではなくパワーの掛けるのが難しいとの事と やはり下りがネックであるので タイムアタックをするのであれば 試走して下りを走っておく事を勧めすると言われた

駐車場からスタート地点までは分かりやすく すぐに到着した 試走しようと上り始めた

写真中央に見える小さな棒が ゴールである電波塔である

上り始めたが 一回上ってしまったら 「知らない道をタイムアタックをする」という事が出来なくなるのでやめた

知っている道を全開で行くという事は 休みどころ 掛ける場所など知っている走り方をしてしまうのだが

知らない道を全開で走るには 常に出せるパワーギリギリな所で走る続けなければならないのが ぼくは好きだ

今回集まってくれたメンバーは6人

気温は8時で4度と言っていた ゴール地点は1度ぐらいかな。

本宮山よりは温かく感じてしまうのは マイナス2度を体感してしまうと2度がとても温かく感じるので 人間 ぬるま湯に浸かっていると 身体は鈍るものだなと思った

スタート地点は 申告制にして40秒差をつけてスタート

僕の前は 27歳の若者

メーターはワット表示にせず 時計だけ表示させた

知らない道を全開で走る楽しさと 自分との戦いに向けスタートした

4分ぐらいして 27歳の永井君を抜いたが すぐに後ろについてきた

千切れる時に「ちくしょ!」と言いながら切れていったが その悔しさが強くなる秘訣だ

下りに入るが ブラインドコーナーで見にくく 落ち葉もあり 安全運転で下ってしまい

そこまで 324W出ていたが 再度上りにはいる時には310Wまで落ちていた

これが リズムが取りにくいのかぁと思っていたがこの後の上りも 勾配が常に変化するので アウターロー(53x30)だと重いので インナーにしたりを3回繰り返す事にある

ライダーを抜いていくが ゴールが分からないので ここをホームコースにしているライダーに 追い抜き際に 「まだ?」と聞いたら 「横断歩道を過ぎたらすぐです」と言うので ここに横断歩道なんてあるのか?と思いながらはしった

しかし現れたのは 横断歩道橋だったのだ

過ぎたら すぐにゴールが現れた

16分39秒 299W

最後は大タレをかましてしまった(笑)

参加者の皆さま ありがとうございました

下りは三河湾も見えて 最高でした

これが横断歩道橋です(笑)

これが見えたら ラスト200mぐらいです。

その後は男3人で 竹島へ

撮る人を撮る

お参り

この竹島 カップルの間では 二人で島を1周すると 別れないという言い伝えがあるそうですが  過去3人の女性と島を1周したのですが 3回とも別れた男性を僕は知っています

今の奥さんとは回ったことがないそうなので 回らない方がよさそうですね(笑)

あれがさっき上ってきた山です

その後は 竹島水族館の横にある チャリカフエ POTTERさんへ

(写真は27歳の永井君撮影)

このお店の凄い所は店内に自転車を入れられる事です

これは最高最強だ

モーニングを頂きました

これで600円です

店主さんが僕のファンだという事でサインを書かせていただきましたが

ハートマークに56が僕のサインです

若者には 体力スポーツは若い時にやっておけ

お金で買えないものは 体力と若さだと伝えておきました

その時 財布の注文が入ったので 住所を見ると 蒲郡市の横の豊川市だったので新城市へ用事があるので ついでに立ち寄る事にしました

注文してくれた方へ 「今から行きます!」とメッセージをしましたが返答なしだったので 行ったら いるだろうと軽い気持ちで向かいましたが

ピンポーンと鳴らしても 不在でしたので

投函しておきました

注文してくれた方へメッセージをしておいたら 連絡があり

「ギャクかと思いましたが 五郎さんのファンになりました」と返答がありました

言ってビックリ ここは前回走った峠の近くでした

楽しい蒲郡市のライドでした

東三河地域は愛知県東部に位置し、山と海に囲まれる豊かな自然と都市が融合した地域。農業や工業など幅広い産業が盛んで、2021年3月にはジャパンエコトラックに登録されるなど、アウトドアスポーツを楽しむ人にとって魅力的なエリアです。本年度以下のwebサイトを通じアウトドアスポーツを日常的に楽しむ、東三河ならではのライフスタイルについて、ナビゲーターが体験している様子や、そうした暮らしを実践している東三河地域の方とのトークセッションなどを紹介していきます。

https://higashi.mikawayamazato.jp/

12月3日(土)

すみません 防水財布が 戻ってきたきてしまいました。

郵便局のレターパックで送ったのですが 厚さ2センチまでと書いてあるのですが 一部戻ってきてしまいました。

届いた方もいらっしゃるのですが 申し訳ありません

財布の中にあるスポンジを抜いて送りますので もうすこしお待ちください。

0子さん 0川さん 0山さん 0山さん

0藤さん 0原さん 0本さん 0本さん

来週明けまでお待ちください。

12月2日(木)

4日土曜日の三河湾スカイラインへのイベント

35分ぐらいで上れるライダーです

現在3名の参加表明です(30分くらいで上る方もおります)

東三河の記事を読んで 湯谷温泉のホーホーに泊りに行ってくれた方から連絡がありました

嬉しいですね ありがとうございます。

早朝CX

塩澤君 兄ちゃん マー君 中学生 

偶数周は上げる 6周回

塩澤君がとにかく強い

4周回目に見事に千切られた

6周回目

千切れたが 久しぶりに46X11に入れて踏み回し追いついて ここまで来たんだ これで勝たないと 勝てないと思った

レース出てないから 誰がどうか周りがどうなのか?がわからない

でもそれもそれで 良いかもしれないと思った。

しんどい所から 踏ん張ってやると 集中力が出てきた。

塩澤君にビタついて ラスト 重たい砂場で追い越し 追い越されたが アウトラインに膨らんだので スプリントして 10センチぐらいで勝てた。

強い選手と練習すると きついけれど 自分を試せる

すっからかんになって帰宅

CXバイクの洗車

エモンダの洗車

シマノじゃないローターもカッコいいですね

TRACKバイクのせんしゃ

飯 中学生が作る米はうまい

財布を送って

はんこ屋さんへ

7年使ったハンコのインクが切れてきた

来週入りますので それまでは薄いはんこでごめんなさい。

みさき治療院へ

身体がまっすぐになると 右のハムストが弱いのが明確になった

弱い部分を踏んで腰がはる

今まで使えてなかった左腰に張りが出てきた

片頭痛が無くなった 腰に張りを打ってもらうようになったからだろう、

帰りにスーパーで 妻への誕生日 

少し寝た

財布を投函しにいった

実家へお経をあげにいった

18時からローラー教室

20時からローラー教室

12月1日(水)

二之瀬清掃 防水財布 東海シクロクロス 新城へ持っていきますので

かってやるわ!と言う方 お声をかけてください。

こんにちは 12月4日 土曜日 第1回  防水財布 全国行商タイムトライアルを行いたいとおもいます。

今回は三河湾スカイライン入り口から 上まで

スタートは朝8時半ぐらい 8時20分ぐらいに集まってください

荷物は預かって上げますので 荷物を入れる袋を持参してください。

参加費は 財布代金3500円と 荷物上げ賃500円の4000円です

山田さんがいないため カメラでの撮影はありません。

僕は10時から 蒲郡市内の チャリカフエさんで 取材するので

よろしければ 10時開店のチャリカフエへ来てください。

車はチャリカフエ近くのコインパーキングに停めます。

参加してやるわ!と言う方 メッセージください。

この辺りです。

9時まで寝ていようとして 寝ていた

パンケーキを作った

メレンゲ多め

部屋の掃除をし始めたら 伸びた髪の毛がうざったくなったので 髪を切りに行った。

店主が「今日は暇なんですよ」と言うので ダンディーエステを追加で注文した。

洗顔 フェイスマッサージ 音波機を使ったマッサージ 髭剃り オイルマッサージ パックに 〆は ローションマッサージ

終了して 鏡を見たら アイドルの岡田准一にでもなっているのか?と思ったが

写る僕の顔が潤っているだけで 顔をそのままの筧五郎だった。

走りに行った 

チューブラーの張替え

お待たせいたしました。財布が300個来ました

財布の中にスマホは入りません。

(写真のはスマホは ギャラクシーS9です)

一言メッセージを書きたいのですが 書くと生地が傷んでしまうのでこのままで使ってください。

送料込みで3680円です。

勝手やるわ! 送れ!と言う方は

このブログのお問合せフォームか SNS等でお知らせください

その際に郵便番号 住所 お名前を教えてください

予約が入っていた3個を送りました。

ありがとうございます

PAYPAYのQRコードと 振込先口座を記載した紙を入れておきます。

蕎麦が食べたくて出汁を取り 林Dが送ってくれた醤油を使った。

白菜の優しい味が好きになったので 少し入れた

一味は これ

実家へお経をあげに行った

18時からローラー教室

20時からローラー教室

【筧五郎が東三河と繋がる。走る。体感する。♯30】

本年度【OUT DOOR Sports Life 東三河】という事業に関わらせてもらう中で「自転車を通じ、東三河の魅力やそこでの暮らしを発信する」という役割をもらい、特にこの先11月、12月を中心にその暮らし、そのスポーツを通じそこに暮す人たちと繋がり、体感しながらその魅力を発信していくので是非今日は「東三河を体感するシリーズか」と楽しんで読んでみてください。今日はその第30話

蒲郡市で有名な道路といえば 三河湾スカイライン

だが、普通に走るだけではつまらないと思っているが 

どこを走ろうかなぁとグーグルマップで探していた時

スタート地点から見える あの電波塔へ行ってみたいと思ったのだ。

蒲郡市はミカンの産地である。

三河湾スカイラインまで上る道 

林道で進むが 「あれ?」この道走った事あるなぁと思っていたが

2005年8月下旬に走ったなぁと。

あの時 一緒に走ってくれた方は元気なのだろうか・・・・。

上に白いガードレール

杉の木との相性は抜群だ。

パッと視界が開ける 太陽の光が眩しい。 

もう少しで 三河湾スカイライン

ここで分岐点

右の道は 16年前に走った事がある道 楽しい道ではなかったと思う。

林道 深山線 林道名から紐解くと 「深い山」の中を走る道だな。

マップで見ると 「現」三河湾スカイラインと並走している道路ではないか!とテンション上がる。

林道 深山線と名がついているが 「旧三河湾スカイライン」としておこう。

ほとんど走っていない事が分かる道である

この林道 アップダウンが激しく 勾配15%ぐらいも現れたりする

ゆるりと走り  車の音が聞こえてきたので もうすぐ三河湾スカイラインだなぁと思った。

しかし三河湾スカイラインまで来たのだが 合流出来なかったのだ(笑)

しかし目の前には道はあるので 進むしかない。

補給食は 名古屋名物 なごやんが1個ある。

舗装されていない道へと入っていく。

この道で大丈夫か?と思うが なんとなかるだろうと 変な確信があったが

ダートを下る事 1キロ程で素敵な展望台が現れ 野犬の親子が居たのだが懐っこいので 誰かに捨てられた可能性があるね。

いやぁ 道が綺麗だわと感心していたら 

すぐにダートが始まる

合流して

当初の目的だった三河湾スカイラインへと入る。

展望台といいながらも景色は抜群ではなかったかな

他に綺麗な場所があるだろうと下ってきたら それほど綺麗な場所もないまま蒲郡西ICまで来てしまった。

至る所に 仏像さんが居ました。

豊川市と蒲郡市を走ってみた感想は 太陽が近い感じがした。

勝手なイメージだけれどミカンが育つ

ミカン農家の方が居たので 1個売ってくださいとお願いしたら

「いいよ 持っていきな」と2個くださいました。

蒲郡ミカンは 実がしっかりとして モグモグする食感が「おおおおっミカンを食べている」という感覚がとても良かったです。

甘みもたくさんありました。

豊川市と蒲郡市を走った日は 快晴で 太陽の光を身体全体に浴びながら走れた。

とても元気を貰えました。

東三河地域は愛知県東部に位置し、山と海に囲まれる豊かな自然と都市が融合した地域。農業や工業など幅広い産業が盛んで、2021年3月にはジャパンエコトラックに登録されるなど、アウトドアスポーツを楽しむ人にとって魅力的なエリアです。本年度以下のwebサイトを通じアウトドアスポーツを日常的に楽しむ、東三河ならではのライフスタイルについて、ナビゲーターが体験している様子や、そうした暮らしを実践している東三河地域の方とのトークセッションなどを紹介していきます。

https://higashi.mikawayamazato.jp/